「美、恐ろしいまでのその力」 美についてあなたは何を知っていますか

本物の美は必ず人の心を動かす。だがその基準は人によって異なる。また、美しさの趣向は歴史の中で繰り返し変化を遂げてきた。また、美のイメージが一般に普及したものと著しく異なる国もある。いずれにせよ、ロシアでよく用いられる表現のごとく「美とは恐ろしい力」であることは間違いない。今回は、あなたの美の理解度をスプートニクがテスト! 次に挙げられている見解のどれが真実でどれがフィクションか、どうぞご判断ください。

1 / 10
Sputnik: Aleksander Graschenkov

初めは​簡単なもの​から​​スタート。かつて中央アジアでは、​もじゃもじゃ​眉毛​の女性は美しくないと考え​られていた​。そのため、多くの女性は​眉間のあたりの​ムダ毛処理を特殊な処置に頼らなければな​らなかった

2 / 10
Pixabay

ではこの問題は​? 「18世紀​、​付け眉毛が現れました。この眉毛​の原料は…ネズミの毛皮でした」

3 / 10
Pixabay: lorilynnoliver

世界初の美人コンテストは18世紀にはもう開催されていた

4 / 10

古代エジプト人は結膜炎の予防にアイシャドウを使用していた

5 / 10
Sputnik: Rudolf Kucherov

あまりの美しさに精神障害が生じることがある

6 / 10
Ap Photo: Lennox McLendon

有名な米国人女性歌手のシェールは、ウエストを細くするために左右の下肋骨を切除した

7 / 10
Jllm06: https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hollywood_Museum_-_Max_Factor_display_3.JPG

マックス・ファクター氏はロシア帝国の出身

8 / 10
AFP 2018

続いて、答えが選択できるボーナス問題を3問。どこよりも多く国際的な美人コンテストの優勝者を輩出しているのはどの国?

9 / 10
Pexels: Ary Shutter

最近の「ミス・ワールド」コンテストの優勝者は誰?

10 / 10

19世紀から20世紀初頭、タタール人女性の美の理想とされていたものは何?

10
Questions left