歴史的記録を作ったバルサの主人公

国内リーグ22節連続無敗記録を達成した主人公を個別に振り返る。

最多得点王、最多アシスト王

レオ・メッシ

22節を通して、トータル 20ゴールをマークした。 メッシに続くのは、スアレス (16 ゴール)、3位はパウリーニョ (8)だ。

メッシは、10アシストを決めており、アシスト数でも最多だ。

この記録を生み出した23人の選手達

テア・シュテーゲン、セメド、ピケ、ラキティッチ、セルヒオ、デニス・スアレス、イニエスタ、ルイス・スアレス、メッシ、デンベレ、マスチェラーノ、;コウチーニョ、パウリーニョ、デウロフェウ、パコ・アルカセル、ジョルディ・アルバ、ディニュ、セルジ・ロベルト、アンドレ・ゴメス、アレイシ・ビダル、ユムティティ、フェルマーレン、アルナイス

20歳
最年少はデンベレ、97年5月15日生まれ
20歳
33歳
一番のベテランはイニエスタ、84年5月11日生まれ
33歳

一番多く起用された選手

Participant say

マルク-アンドレ・テア・シュテーゲン
1980 分間 (プレー時間100% )

Participant say

レオ・メッシ
1921 分間 (97%)

Participant say

イバン・ラキティッチ
1722 分間 (87%)

Participant say

ルイス・スアレス
1701 分間 (85,9%)

Participant say

ジョルディ・アルバ
1661 分間 (83,9%)

Participant say

セルヒオ・ブスケッツ
1574 分間 (79,5%)

Participant say

ジェラルド・ピケ
1530 分間 (77,3%)

一番、多くボールを取り戻したのは?

全部で143回、ボールを取り返し、この部門でのトップだ。


失点数

テア・シュテーゲン、鉄壁

最も多く得点されたライバル

ベティス は、 22節中で、バルサと二回、対戦しており、バルベルデのチームに7得点を決められている。

  • 最初の試合は、トスカのオウンゴールとセルジ・ロベルトのゴールで 2-0
  • 二試合目は、ビジャマリンにて、ラキティッチ、メッシ(2)、スアレス(2)のゴールで 0-5



一番、多くパスを出しているのは・・・

全部で、1.455回、パスを出している。

全部で、1.455回、パスを出している。

最速ゴールの主役は・・・

デウロフェウ は、カンプノウで行われたマラガとの対戦(2-0)の 1-0を試合が始まった2秒後に決めた。

最も遅い時間にゴールを決めたのは・・・

パウリーニョ は、レバンテ戦で最終スコアを3-0にするゴールをカンプノウにて 93分 に決めた。